借金について深く考える

借金のない人生

小学生の頃、クラスの友達が学校で「家に借金があって貧乏だ」と噂され、軽いイジメにあっていました。
大人たちの噂話がどこからか子供に漏れていたのでしょう。私はその子と仲が良く、家を行き来することも多々ありましたが、別段我が家と変わったところもなく、意地悪を言う子たちが何をもって「貧乏」と言っているのかわからずに困惑したものです。クラスには他にも彼女と仲のいい子が多かったので学年が上がる頃には噂もイジメもなくなっていましたが、「借金」があって「貧乏」があることは「仲間ハズレにされる可能性があるほど怖いこと」なんだと、この頃記憶に刷り込まれました。

 

しかし実際大人になってみれば、借金をせずに生活することの難しいこと!
クレジットカードは未来の自分からの借金。家を建てれば定年までローンを抱えて生きて行くのが当たり前。奨学金の返済は働き始めてから最長20年続く。きっと彼女をイジメていた子供達の親も、勿論私の親も、当時何かしらの借金を抱えて必死に働いていたことでしょう。私も大学は奨学金で通ったので、今も毎月支払いに追われている現状です。

 

借金のない人生は理想ですが、時に大きな出費が必要なことも人生には必ずあります。問題はそこに計画性があるかどうか。もし思いもかけないことで計画を外れてしまった時に、誰を頼りどう対処するのかが肝心ですね。
あの頃彼女をイジメていた子たちも、もうすっかり現実を知っている年齢です。あの頃を振り返った時に、今何を考えるのだろう。時々そんなことを考えます。

 

クレンジング2016年なぜクレンジングなの?
・車の査定に納得いってますか?http://lencercle.net/
M字育毛に関する情報!M字の育毛に疑問のある方が見るといいサイトですね。

借金のハードルの低下

今では、カードローンとかキャッシングとかいったものの広告がよく見られます。こういったものは、保証人や収入証明書が不要だったりします。そのため、気軽に利用してしまう人も多いと思われます。
 むかしは、お金を借りるというと、そのための手続きは今よりも煩雑なものでした。しかし、今では、お金を借りることのハードルが低下したと考えられます。ただ、カードローンやキャッシングなどで気軽に借りてしまった結果、返済に苦しむ人も多くなっていると思われます。

 

 そういった人は、一度、債務整理などについて、専門家に相談してみるといいと考えられます。自分一人で悩んでいても前には進みません。気軽な気持ちで借りてしまった結果、返済に苦しむことになったならば、そういったところで相談するのがいいと考えます。

ホーム RSS購読 サイトマップ